美容の話 0

シミだらけのお肌になってしまったら、実年齢よりも年上に見られてしまうでしょう。

加齢が進むにつれて、皮膚の回復力が弱化していき、少しの日焼けでも大きなダメージとなってしまうので、日焼け対策は怠ってはいけません。

日差しを遮るような帽子、または日焼け止めなどで直接の紫外線を避けるとともに、たくさんビタミンCを含む緑黄色野菜やフルーツといったものを、どんどん摂るようにしてください。

ヨーグルトを食べることで、乳酸菌、ビタミンB、フルーツ酸などを摂ることができます。

乳酸菌は腸内で有害な物質の発生を抑え、お肌の健康を保つ働きがあります。

ビタミンBはお肌が生まれ変わるのに必要なエネルギー代謝を高める役目を担っています。

また、フルーツ酸は皮膚表面の角質層の結合を弱くし、角質層を薄くしていく役割を持っています。

このような栄養素を摂ることはお肌のシミやくすみ対策の大きな効き目があるので、ヨーグルトはシミやくすみ減少に有効な食物です。

毎日仕事仕事で過ぎていき、気が付いてみるとアラサーになっていました。

そんなある日、なんとなく鏡を見て、さらにじっくり見て悲鳴を上げそうになりました。

鏡に映りこんだ目の下のクマ、はっきり増えているシワ、これらが今の私の生活を形にして見せられたように感じました。

この日のショックは強烈だったので、私、自分に誓いました。

どれ程疲れていようが、家に帰ったらメイクしたままの顔で眠ってしまったりしないよう、ちゃんと一通りケアをして、肌を守るためにできることをしよう、シワの予防に努め、保湿もちゃんとしようと決めました。

お茶には様々な種類がありますが、その中でも緑茶は最近話題のカテキンをたくさん含んでいます。

カテキンは、ビタミンCの酸化を抑えてビタミンCの効果をさらに高めてくれます。

美白を目指すのならビタミンCをしっかり摂取したいので、緑茶でビタミンCとカテキンの両方を摂ることができれば、肌にメラニンが増え、シミの原因になることをかなり抑えることができます。

女性が妊娠、出産を経てしばらくの間は長い間に保っていたホルモンバランスが崩壊してしまうので、身体に色々なトラブルが起こりやすいです。

肌荒れ、シワの増加といったこともよく起こりがちで、悩まされている人も大勢います。

妊娠中、ふんだんに分泌されていた女性ホルモン、プロゲステロンとエストロゲンが出産を終えたことで急に減り、更にストレスや睡眠不足で肌の大事なバリアの機能が低下し、乾燥しやすくなってしまいます。

乾燥肌は大抵の場合、敏感肌でもありますので、なるべく低刺激で肌にやさしい無添加製品を使い保湿に重点を置いたスキンケアを続けるのが良いようです。

ダイエット効果は高いし、デトックスにもなるというので、以前から気になっていた、ファスティングダイエットをしてみたところ、嬉しいことに、一気に3キロも体重が減りました。

きれいになりたいという気持ちの強さで、ファスティングのつらい部分も乗り切れたのですが、改めて鏡の自分の顔を確認してみたら、身体つきは、なんとなくスッキリしたように思えますが、少ししわが増えたように思えます。

ファスティングダイエットとしわの増加が何か関係があるとは思っていませんが、タイミングとしては何とも言えませんから、取りあえず、肌のケアを続けつつ、自分で調べたりしてみようかなと考えています。

ここ数年のことですが、特に顔のしわがとても気になり出して、対策に追われています。

中でも特に問題視しているのは目尻にできたくっきりした笑いじわです。

目の周りの皮膚は他より薄くて、しわが発生しやすいところなので、ここのケアは入念に行っているつもりではありますが、この場所は乾燥しやすいこともあって、その対策も必要になりますから、しつこいくらいにクリームを塗り重ねたりし、とにかく保湿を一番大事にするようにこだわっています。

例えば、紫外線の量が同じだとしても、肌に出来るシミは人によって様々です。

簡単に言うと、シミができやすい肌が存在しています。

具体的な話では、白く、きめの細かい肌のことを言います。

どう見分ければいいかというと、日焼けした時に黒くならず、赤くなってしまう人がそのタイプです。

美肌というものは、とても繊細なものだといえます。

お肌を見れば、肝臓の調子もわかります。

肝臓の役割として、食事や呼吸によって体内に取り込まれた色々な物質を代謝・分解し、有害な物質を解毒する役割を果たしています。

肝臓が十分解毒してくれないと、有害物質を含んだ血液が再び体内を巡るので、肌に悪影響を及ぼすのです。

日頃から肝臓の調子に気を配ることがお肌の健康を維持するために必要なことなのです。

アラサーと言い続けて5年、ついに私の顔にもシミがちらほら見られるようになってしまいました。

私の場合は原因がはっきりしていて、天候にかかわらず、降り注いでいる紫外線です。

出産後、歩けるようになった子供と、平日は二人で、休日は夫と共に近所の公園で太陽の下、思い切り遊びます。

身支度はもちろん、子供が最優先です。

とてもとても念のために日焼け止めを持つなんてできません。

紫外線は帽子だけでは防げませんから、地面からの反射を防ぐにも日焼け止めを塗ろうと思います。