健康の話 0

ひどく臭い人に時折出くわす事があります。

わたしが一番鼻につくのは「脇臭」です。

ニオイケアを常に心掛けることは、もはや「マナー」なのです。

臭い人が近くにいると、逃げ出したくなることすらあるもんですから。

ちっちゃい時や、中学生くらいまでであれば、おたがいに率直に注意をし合うことができるかもしれません。

しかし大人社会では、直接言ってくれる人はいなくなってくるので、無自覚なまま周りに嫌な思いをさせているなんて事も。

それは物凄く悲しいことだし、自分も、脇臭などの匂いで迷惑をかけないように生活していきたいです。

ひょっとしたら、世の中的に臆することなくカラダの臭いについてアドバイスしあえる感じになるといいのかも知れません。

「手術」、「薬」、「デオドラント製品」などなど色々なニオイ対策の方法を利用して、是非とも私のこの悩みを解消していただきたいです。

「ニオイ」があるというのは誰のためにもならないので、いつも気にかけてどうにかできる所は頑張ってやってほしいです。

お風呂に毎日入ったとしても、仕事に行くためにお出掛けする事で、自宅に戻る頃に体臭を感じます。

匂っている場所はお鼻のまわりといったお顔になりますが、ニオイがあることがものすごく気になるのです。

顔汗をかくと、皮脂が酸化したような臭いがするのです。

シャワーの時にそんな感じのニオイが鼻を衝くので、とっても不快感を抱くのです。

自分自身はそれ程汗はかかないため、皮脂酸化臭なんてないだろうと信じていたのに、感じる事があります。

加齢臭とは認めたくありませんが、この様なニオイは年を取ったこととも関係しているかもしれません。

さらに別の臭いとして、お風呂に入った時にカラダを洗う時に匂う、頭皮からしてくるにおいが嫌です。

普段も入浴したときの豚毛でのブラッシングなども、今はしています。

けれども1日過ごして、その後入浴をする際に再びニオイがするので、たいへん腹が立つのです。

これも年を重ねた事と関わりあっていそうですけど、可能な限りニオイがなくなるように対処していきます。

あまり私は香水などの香りをつけない人なのですけど、今は香りがついた美容液を使うこともあります。

「体臭」は自分自身ではよく分からないですよね。

当の本人でも分かるような「体臭」ならば、結構な臭気を出していることになります。

「体臭」はなかなか人から注意されないので、知らぬ間に強烈なニオイになっている場合もあります。

そのような状態になったら、体臭対策することが大切になってきます。

それに対し、誰も臭いと思っていないのに本人だけがすごく気にしてるなんてこともあります。

こういった方は、香水などを過剰に使って却って周りに不快感を与えていることも多々あります。

「体臭」のみならず周りに不快感を与える臭いには誰しも鋭く反応してしまいますが、構わなすぎなのもよくないし、気にしすぎるのもこれまたスメハラとなってしまうのが厄介な点です。

自身で把握しにくい匂いなうえに、ほかの人からも助言を得にくいという難しさがあるので問題が大きくなってしまうことがあります。

体臭を認識する為にいちばんいいやり方は家族など頼れる人にチェックしてもらう事です。

皆は自分自身の体臭において気にしたことがありますか?私は恥ずかしながら自身の足のにおいがとても気になります。

特に足のニオイを気にするのは、朝から晩まで仕事した後、みんなで飲みに行って、飲食店の座敷に座る事があったとき、靴を脱ぐ瞬間に足のニオイが、漂ってみんなに知られないかとすごく気になります。

何故足から臭い匂いがするのでしょう。

原因はいっぱいあると思います。

同じ靴を長時間履き続けていて蒸れてしまう。

靴に通気性の良くない素材が使われている。

クツのサイズが合っていない。

などなどクツ自体に問題がある事もあるのです。

その他には靴下です。

ストッキングなど通気性吸湿性の良くない素材のクツシタだったり、足が湿った状態のままソックスを履いている。

足汗をかいたのに、そのままの靴下を履いて替えなかったりした場合です。

それ以外でも足自体にトラブルを抱えている場合は、足をきちんと洗浄できていない、体を動かした後とかで汗が出やくなっている。

というような発生源は様々なようです。

そこで気になる足臭の対応策としては、靴を丁寧に洗う、水気がなくなるようにお天気が晴れた時には外に靴を干す、正しい自分の足のサイズに合ったものを買う。

などなど、自分以外にも周りにも不快感を与えないように対処していくことが大切です。

自分自身カラダの中で最も気になるのは、頭皮の臭いです。

洗髪は毎晩しているのですが、19時頃に勤め先を出て自宅に戻ると匂いが気になります。

夏場などは、特にその匂いがすごくうっとうしく感じます。

毎晩のバスタイム、衣服を脱ぐ際に頭ら辺の空気が拡散されます。

そんな時プーンと油臭い「頭皮臭」がするのです。

自分自身の頭皮臭ではあるけれど、悲しいかな本当に臭いです。

服を脱いだら入浴となりますが、ヘアケアとしてブタの毛のブラシでかみの毛を梳くようにしています。

この際にも、ブラシをあてる度にやっぱり頭皮臭が感じられます。

身体の中でも次におフロに入るまでに、一番臭くなりがちな所はきっと「頭」です。

週末などは家でゴロゴロしていたような時には、たまにお風呂に入らない日があるのです。

そんな時は、古い頭の皮脂に新たな皮脂が加わり、また「髪」や「頭皮」のニオイがしてきます。

けれども、一人暮らしですから、「まあいいか」となりがちです。

それでも、臭い女にならないように一人暮らしでも気をつけなきゃいけないなと考えています。