お金の話 0

実は借金の一本化、低利切替はできるのである。

だが、他人、つまり債務者以外の第三者にはできない、ということを心にとどめておいてほしい。

 

まず銀行系の借入金を洗い出す

 

低利切替・一本化のキーワードは銀行だ。

銀行の貸付業務は企業相手のみと思っている人がいるかもしれないが、実は個人向けのローンもある。

この金額がいまいくらあるのかを計算しよう。

 

よくキャッシュカードに付いているVISAやJCBでキャッシングをしているのを銀行からの借金と勘違いしている人もいるが、これはあくまでJCBという銀行系クレジット会社からの借金である。

キャッシングの場合年利はかなり割高だ。

現在、銀行で年利15%以上の利息をとる金融商品はない。

 

 

複数の銀行から借りている場合はメイン一つに絞る

 

学生時代に学生専用カードを作り、会社に入ったら取引銀行の関係で、他行に口座を作って給与振り込みにしてしまったということは往々にしてある。

2つ以上の銀行にローン枠を持っている場合、給与振込銀行を除いて全て解約した方がよい。

 

というのも後から書く銀行から100万単位の低金利融資を受ける場合、限度額は年収の半分までと決められており、その額は全銀行が対象となる。

例えば、メインバンクであるA銀行に20万の借金枠があり、B銀行に50万、C銀行に20万の枠を持っているとする。

仮にA銀行の審査で200万まで借り入れできることになっても、実際の融資額は110万円になってしまう。

BやCで借りてなくても枠があるというだけで限度額が狭められてしまうのだ。

企業ならともかく、個人は取引銀行を一つに絞るのがベストなのである。