途方もなく眩しいものを見たような気がしたあの時代

銀行はすぐにはお金を貸してくれない

お金の話 0

銀行はすぐにはお金を貸してくれない。

サラ金のうたい文句である即日融資などというものから最も遠いところにある。

早くても申し込みから2週間。

時には1ヵ月なんてこともある。

無人契約機のブースに入れば、小一時間で何十万と金を用立ててくれるサラ金とは雲泥の差である。

 

なので、急にお金が必要になった時にサラ金からお金を借りるのは仕方ない。

ただ、もしそれが大きな金額になったら、銀行で借りる算段をした方がいい。

 

狙いは目的別ローンというやつである。

試しに銀行の融資課の窓口へ行ってみるといい。

そこにはブライダルローンやマイカーローン、教育ローンなどといったチラシが置いてある。

 

これらはすべて個人を対象にした金融商品で、サラ金と同じく無担保、保証人不要。

しかも金利は年7~8%とサラ金と比べて4分の1程度と断トツに安い。

これを利用しない手はない。

 

借金の一本化・低利切替は債務者以外の第三者にはできない

お金の話 0

実は借金の一本化、低利切替はできるのである。

だが、他人、つまり債務者以外の第三者にはできない、ということを心にとどめておいてほしい。

 

まず銀行系の借入金を洗い出す

 

低利切替・一本化のキーワードは銀行だ。

銀行の貸付業務は企業相手のみと思っている人がいるかもしれないが、実は個人向けのローンもある。

この金額がいまいくらあるのかを計算しよう。

 

よくキャッシュカードに付いているVISAやJCBでキャッシングをしているのを銀行からの借金と勘違いしている人もいるが、これはあくまでJCBという銀行系クレジット会社からの借金である。

キャッシングの場合年利はかなり割高だ。

現在、銀行で年利15%以上の利息をとる金融商品はない。

 

 

複数の銀行から借りている場合はメイン一つに絞る

 

学生時代に学生専用カードを作り、会社に入ったら取引銀行の関係で、他行に口座を作って給与振り込みにしてしまったということは往々にしてある。

2つ以上の銀行にローン枠を持っている場合、給与振込銀行を除いて全て解約した方がよい。

 

というのも後から書く銀行から100万単位の低金利融資を受ける場合、限度額は年収の半分までと決められており、その額は全銀行が対象となる。

例えば、メインバンクであるA銀行に20万の借金枠があり、B銀行に50万、C銀行に20万の枠を持っているとする。

仮にA銀行の審査で200万まで借り入れできることになっても、実際の融資額は110万円になってしまう。

BやCで借りてなくても枠があるというだけで限度額が狭められてしまうのだ。

企業ならともかく、個人は取引銀行を一つに絞るのがベストなのである。

 

気付いた時には多重債務者

お金の話 0

自由返済のサラ金はボーナスで返せばいいと思っていたが、実際にボーナスを手にすると、ダイビングのスーツやシュノーケルなどを買いたい、彼女とゲレンデでデートするためにスキーウェアと板も新しくしたいなどと思ってしまう。

 

とりあえずダイビングセットが30~40万くらい。

スキーウェアも分割で買っておこう。

せっかくのボーナスなんだからそれくらいの贅沢はしないと。

 

サラ金には月々1万円ずつ返せばいいのだ。

もちろん、その分だけ利息がつくことは頭の中で分かっている。

でもサラ金の金利なんて月に数千円だから大丈夫。

 

月給は手取りで21万円。

月末には家賃で7万と携帯代、電気ガス料金が引き落とされる。

そこからサラ金会社に1万円ずつ払い、毎月10日に信販会社からスキーウェア代金が引き落とされると給料はなくなる。

20日にはリボ払いの分を入れないといけない。

それになにより生活費がない・・・

 

気付いた時には立派な多重債務者だ。

内訳はサラ金3社合わせて140万、デパート系キャッシングとクレジット4社を合わせて50万、アメックスが40万、旅行に便利だからと作ったJRのカードが25万、JTBのカードが20万の総額275万円。

 

複数の方法が債務整理にはありますが、個人再生や自己破産で借金を処分したのなら、その事実と氏名と住所が官報に公告されるでしょう。

国の機関誌である官報に、もし自己破産をしたのであれば二度公告され、あるいは、個人再生であれば三度、氏名と住所が公告されるでしょう。

公告される期間は、だいたい1ヶ月といったところですが、そもそも官報の存在は一般的に知られておらず、官報がキッカケで周囲に発覚することは極めて稀です。

なお、任意整理をした人は裁判所を通していないので、官報は関係ありません。

 

ご存知のように、債務整理後にはこの事実が信用情報機関に残されます。

これは「ブラック」の対象ですから、しばらくは銀行や金融機関のローンやサービスを使うことが困難になると知っておいてください。

ちなみに、債務整理をすると信用情報機関からデータが消されるまで5年はかかると理解しておきましょう。

 

すぐにお金が必要な時に強い味方になってくれるのがキャッシングサービスでしょう。

ですが、返済能力を超えた使い方は厳禁です。

利用頻度が増えて債務額が増えると、返済時に苦しまされることになります。

 

返済が不可能になった時には、債務整理を検討してください。

債務整理をすれば、債務を適正な範囲に収めることができるので、返済の負担から解放されます。

当然ですが、債務整理を専門家に依頼すれば費用がかかります。

なお、その金額は弁護士や司法書士で異なるため、一概には言えません。

 

任意整理の場合、まず債権者1社につきいくらという基本料金が設定がされており、なおかつ、減額された金額の何パーセントかを、成功報酬というかたちで支払わなければなりません。

一般的に、基本料金は債権者や債務の金額に関係なく固定料金として請求されます。

ですから、借金の減額がたいした金額でない相手にも任意整理をした場合は、減額された借金の額よりかかる費用の方が高くつく場合があります。

 

今すぐにお金が必要な時に強い味方になってくれるのがカードローンでしょう。

ですが、使い方を誤ると借金地獄に陥る可能性があります。

多重債務になった場合に利用したいのが債務整理です。

個人再生などの債務整理をすれば、司法手続きに則って債務の減額が許可されるため、多重債務を解消し、苦しい生活から抜けだせるでしょう。

 

債務整理を考えている方は、その前に今ある全ての借金を「おまとめローン」などで一本化することを優先しましょう。

債務総額こそ減らないのですが、高額借入として扱われるため、利息の重荷が少しは減らせるのではないでしょうか。

面倒だった返済管理も簡単になるので、それぞれの会社の返済日を確かめる必要もありません。

おまとめローンもできないとなった段階で、債務整理の手続きを取るのもおススメです。

 

どれくらいまで借金がかさんだら、債務整理を行うべきかということは、答えにくい問題です。

ただ、数十万円の借金の場合、他の金融機関や貸金業者でも融資してもらえる場合があり、もともとの借金分を返すこともできます。

とはいえ、多重債務者であることに変わりはありませんから、お金を用意するのも簡単ではないでしょう。

 

小手先の方法で借金を重ねるよりも、返済が重荷になってきた段階で弁護士と話し合い、債務整理に踏み切った方が良いのかどうか、助言をもらう方が結果的には良いと言えます。

子供がいるのであれば、債務整理の影響が気になります。

もし債務整理をした場合、教育ローンを利用できるのかは重要な問題でしょう。

主な教育ローンですが、銀行が提供しているものと、国の教育ローンである日本公庫が提供しているものの二つがあります。

民間の金融機関も日本公庫も、共に信用情報機関に登録される情報から審査するので、債務整理後、しばらくの間はどの教育ローンに申し込んでも、審査に通過することができなくなります。

 

借金を整理するのに有効な債務整理ですが、弁護士に依頼する場合は委任状が必要になります。

この委任状ですが、借金を整理したい債務者と弁護士の間で委任契約がしっかりと結ばれたことを示すのに使われます。

弁護士と委任契約を結ぶと、弁護士が送った受任通知を業者が受け取ると、取り立てを止めてもらえるでしょう。

他にも、契約を交わした弁護士は、債務者の権限を受けた代理人となって、債権者との交渉や裁判の手続きをすべて行ってくれるでしょう。

 

借金の清算に必要な債務整理ですが、一般的には、自己破産や任意整理、または、個人再生、特定調停といった種類があります。

よく利用されるのが任意整理です。

手続きが簡易で裁判所を通さなくて済みますし、完了するまで、あまり時間がかからないというのが、人気の理由でしょう。

任意整理を行うと、司法書士や弁護士が受任通知を出すため、業者からの催促の電話や郵便もストップします。

その他の債務整理では、裁判所を通して手続きを行う必要があります。

サラ金で生活費を調達するように

お金の話 0

そこそこの大学を卒業し、そこそこの商社に勤務する26歳のサラリーマン。

今年の夏に大学時代の友達に誘われてスキューバダイビングをする為にグアムに行った。

旅費はボーナスでなんとかまかなった。

 

初めての海外旅行、海外でのスキューバダイビングということでとても楽しかった。

せっかく来たのだからとブランド品の服や財布、友人や家族のお土産にと買い物も楽しんだ。

支払いは全てクレジットカード。

 

そのつけが回ってきたのが9月。

生活費が非常に苦しくなった。

クレジットカードで買ったお土産代が一括で、20万以上口座から引き落とされてしまった。

 

とりあえずの生活費をなんとかするべくキャッシング機能の付いたデパート系カードで限度額である10万円を引き出した。

月々1万円のリボ払いで返済なら何とかなるとその時は思っていた。

 

が、キャッシングはそれだけで終わらなかった。

その秋の競馬でかなり負けてしまった。

G1レースしか買わないからということもあって、1レースに1万円2万円とかけていき、すべてが散った。

 

またグアムでダイビングをしたことでハマってしまい、週末になるとダイビングスポットへ通うという日々が続いた。

ついには無人契約機とATMで借りやすくなったサラ金から生活費を調達するようになってしまった。